公演情報

パイプオルガン

オルガン・プロムナード・コンサート vol.365
Organ Promenade Concert

共演者を迎えたスペシャルバージョン!

公演日時: 2018年10月26日(金)   開演:12:20 (12:00開場)

~新たな船出~

神奈川県民ホールのオルガンは、1975年1月に日本で初めて公共ホールのオルガンとして産声をあげました。そして以来40年以上も続いているこの「オルガン・プロムナードコンサート」は、ランチタイムのオルガンコンサートの先駆け的存在と言えるでしょう。2018年3月まで改修休館のため公演もお休みしておりましたが、4月からは心機一転「新たな船出」をいたします。毎回個性豊かなオルガニスト達が、それぞれの想いを込めたプログラムでオルガンから多彩な音色を紡ぎ出します。みなさまのお越しを、オルガンと共に心よりお待ちしています!

神奈川県民ホールオルガンアドバイザー 荻野由美子

大木 麻理(オルガン)     イオ・パヴェル(尺八)

出演

大木 麻理(オルガン) Mari Ohki
イオ・パヴェル(尺八) Pavel Io, Shakuhachi

プロフィール

大木 麻理(オルガン) Mari Ohki
静岡市出身。東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。第34回日本オルガニスト協会新人演奏会、芸大モーニングコンサートのソリストに選出され尾高忠明指揮・芸大フィルハーモニーと協演。大学院アカンサス音楽賞受賞。オルガンを菊池みち子、廣野嗣雄、椎名雄一郎、チェンバロを大塚直哉、鈴木雅明の各氏に師事。DAAD(ドイツ学術交流会)、ポセール財団の奨学金を得てドイツ・リューベック国立音楽大学、デトモルト音楽大学に留学し、アルヴィート・ガスト、ミヒャエル・ラドレスク、マルティン・ザンダーの各氏に師事、満場一致の最優等で国家演奏家資格を得て卒業。第13回「静岡の名手たち」受賞、マインツ国際オルガンコンクール第2位、第3回ブクステフーデ国際オルガンコンクール優勝、第65回「プラハの春」国際音楽コンクール・オルガン部門第3位、併せてチェコ音楽財団特別賞受賞。2018年4月にはミューザ川崎シンフォニーホール・オルガニストに就任。現在、東京藝術大学教育研究助手、神戸女学院大学非常勤講師、聖グレゴリオの家講師、彩の国さいたま芸術劇場「みんなのオルガン講座」講師、日本福音ルーテル市ヶ谷教会オルガニスト、日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。2018年1月には、”Erinnenrung 〜オルガン音楽・300年の伝統〜”(販売元:Naxos Japan)をリリースし、レコード芸術2018年4月号(音楽之友社)にて特選盤となった。
http://mariohki.com/

イオ・パヴェル(尺八) Pavel Io, Shakuhachi
10代の頃、日本の尺八と出会い、その美しい音色に心打たれて尺八を独学で始める。モスクワ音楽院ワールドミュージックセンターにて清水公平氏、アレクサンドル・イワシン氏に師事し、モスクワで尺八の第一人者として幅広い活動を行う。2013年に来日、尺八奏者の石川利光氏に師事し、日本での演奏活動を開始する。16年にはモスクワ音楽院より招聘されリサイタルを開催しロシア国営放送にも出演。内閣府発行の日本文化を世界へ発信する雑誌「TOMODACHI 2017年春号」や読売新聞に活動が大きく紹介された。NHK 邦楽オーディション合格、第22回くまもと全国邦楽コンクール優秀賞、NHK-FM「邦楽のひととき」に出演。現在は東京藝術大学大学院修士課程に在籍し、尺八の研究を行いながら、国内外にて演奏活動を行っている。
http://nomenophema.com/ja/

会場

小ホール

料金

500円 全席自由
※事前申込は不要です。
※入場料は入場時にお支払いください。
※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。

お問い合わせ

神奈川県民ホール 事業課  045-633-3798

主催

神奈川県民ホール

あなたにオススメの公演

  • チケットかながわ
  • 神奈川芸術プレス(KANAGAWA ARTS PRESS)
  • KAme