公演情報

講座

神奈川県民ホール・オペラ・シリーズ2018『アイーダ』関連企画

特別講座 福井敬と語る『アイーダ』~10月の公演に向けて
Special Lecture for “Aida”

公演日時: 2018年08月19日(日)   開演:14:00 (13:30開場)

10月に県民ホールで上演されるヴェルディのオペラ『アイーダ』は、日本とイタリアの総力を結集した豪華プロジェクトで、日本全国を縦断する話題の公演。日本を代表するテノール福井敬氏ら、キャストも日本とイタリアの超一流が揃いました。この講座ではその福井敬氏をゲストに迎え、音楽評論家の加藤浩子氏との対談形式で、「オペラの女王」(指揮のアンドレア・バッティストーニ氏 談)と言われる『アイーダ』の作品の魅力、そしてこの公演の見どころ、聴きどころを、たっぷり語っていただきます。

■オペラ『アイーダ』の公演情報はこちら

出演

トークゲスト:福井敬(テノール) 講師:加藤浩子(音楽評論家) 

プロフィール

福井敬(テノール)
国立音楽大学卒業、同大学院、文化庁オペラ研修所修了。イタリア声楽コンコルソ・ミラノ大賞(第1 位)、芸術選奨文部大臣賞新人賞、五島記念文化賞オペラ新人賞、出光音楽賞、エクソンモービル音楽賞本賞等受賞多数。2014 年には第65 回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。数々のオペラに出演し、ローエングリン、ドン・カルロ、オテロ、パルジファル、カラフ等英雄的かつノーブルな存在感と優れた演唱で、日本を代表するテノールとして聴衆を魅了。神奈川県民ホール・オペラ・シリーズにも数多く出演している。近年東京二期会で出演した『トリスタンとイゾルデ』『ローエングリン』各題名役も絶賛を博した。「第九」や宗教曲のソリストとしてもN 響を始め主要楽団と共演、多くの国際的指揮者から信頼を得ている。CD「六騎~こころを歌う。」「アマリッリ麗し」等多数。二期会会員

加藤浩子(音楽評論家)
慶應義塾大学講師。慶應義塾大学大学院修了(音楽学専攻)。在学中、インスブルック大学留学。執筆、講演、オペラ&音楽ツアーの企画同行など多彩に活動。著書に『今夜はオペラ!』『ようこそオペラ!』『黄金の翼=ジュゼッペ・ヴェルディ』『人生の午後に生きがいを奏でる家』『さわりで覚えるオペラの名曲20選』『さわりで覚えるバッハの名曲25選』『バッハへの旅』『ヴェルディ』『オペラでわかるヨーロッパ史』『音楽で楽しむ名画』等多数。最新刊は『バッハ』(平凡社新書)。
公式HP http://www.casa-hiroko.com/
ブログ「加藤浩子の美しき人生la bella vita」http://plaza.rakuten.co.jp/casahiroko/

チケット発売

06月23日 : 一般発売

会場

大会議室

料金

全席自由 1,000円

お問い合わせ

神奈川県民ホール 事業課  045-633-3686

主催

神奈川県民ホール(指定管理者:公益財団法人神奈川芸術文化財団)

あなたにオススメの公演


  • 福井敬

  • 加藤浩子
  • チケットかながわ
  • 神奈川芸術プレス(KANAGAWA ARTS PRESS)
  • KAme