公演情報

バレエ

一柳 慧×白井 晃 神奈川芸術文化財団芸術監督プロジェクト

Memory of Zero

メモリー・オブ・ゼロ

公演日時: 2019年03月09日(土)~2019年03月10日(日)   
2019年3月9日(土)18:00開演/3月10日(日)15:00開演 [開場は開演の30分前]

一柳 慧(音楽)×白井 晃(演出)×遠藤康行(振付・ダンス)×小池ミモザ(ダンス)

「身体と記憶」をテーマに創る、注目のダンスパフォーマンス!

神奈川芸術文化財団の2人の芸術監督、作曲家・一柳慧と演出家白井晃の共同プロデュースのもとお届けするダンスパフォーマンス「Memory of Zero」。クラシックバレエからコンテンポラリーダンスまで、数多くの歴史的名演が繰り広げられてきた神奈川県民ホールからダンスの現在(いま)を問いかける、意欲的なプロジェクトです。音楽を一柳慧、構成・演出を白井晃、振付を遠藤康行が担当し、ダンスには小池ミモザ(モナコ公国モンテカルロ・バレエ団プリンシパル)を中心に、国内外で活躍する個性豊かなダンサー陣をキャスティング。世界の音楽・演劇・ダンス界のトップアーティストが集まり、「身体と記憶」をテーマにした2つの新作を創造します。

 

身体の記憶 Memory of Body

クラシックバレエからモダンバレエが生まれ、モダンダンス、そしてコンテンポラリーダンスの時代へ。身体はどこへ向かうのか。一柳慧の音楽とダンサーの身体が絡み合い、交錯し、ダンスの変遷をたどる旅。

 

最後の物たちの国で In the Country of Last Things

構成/白井 晃(原作/ポール・オースター 訳/柴田元幸)

遠い世界へ旅立った彼女から、手紙が届いた――。ポール・オースターの小説「最後の物たちの国で」をモチーフに、一柳慧が音楽、白井晃が台本・演出、遠藤康行が振付を担当。何もかもが破滅へと向かい限りなくゼロに近づく世界で、アンナ(小池ミモザ)が見出す希望とは?神奈川県民ホールの巨大な空間が滅亡の街へと姿を変え、記憶の音楽が響き始める。

 

“IN THE COUNTRY OF LAST THINGS” by Paul Auster
Copyright © Paul Auster, 1987
Japanese language live stage performance rights arranged with
Paul Auster in care of Carol Mann Agency, New York
through Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo


 【出演ダンサー募集! 11/12(月)オーディション開催】

募集要項&申込用紙ダウンロード

本作の上演にあたり、クリエイターや主演ダンサーらにインスピレーションを与え得る魅力的なダンサーを募集します。様々な役柄を想定していますので、年齢の上限や体格の条件は設けません。ジャンルも不問です。ぜひ、あなたの個性を存分にオーディションで発揮してください。

◆スケジュール:11/1(木)申込書類必着 11/12(月)オーディション開催(会場:神奈川県民ホール大ホール)

◆オーディション課題:
①クラシックをベースとしたコンテンポラリーダンス(音楽・振付は当日) 
②ご自身が得意とする即興(ジャンルは自由)

◆審査員:白井晃(演出家・俳優)、遠藤康行(振付家・ダンサー)

◆募集要項の詳細と申込用紙はこちらからダウンロードしてください。

左より、一柳 慧(©Koh Okabe)、白井 晃(©二石友希)、遠藤康行、小池ミモザ


▼神奈川県民ホールバレエ・ダンス公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
 Facebook @kanagawaballetdance
 Twitter @kanaken_ballet
 Instagram @kanagawakenminhall_official

出演

音楽/一柳 慧
構成・演出/白井 晃
振付/遠藤康行
ダンス/小池ミモザ 鳥居かほり 高岸直樹 引間文佳 遠藤康行 ほか

プロフィール

一柳 慧 Toshi Ichiyanagi
作曲家・ピアニスト。ジュリアード音楽院留学中にジョン・ケージと知り合い不確定性の音楽を展開。これまでに文化功労者等受章。日本芸術院賞等、及び恩賜賞等受賞多数。神奈川芸術文化財団芸術総監督。

白井 晃 Akira Shirai
演出家・俳優。2002 年まで「遊◎機械/全自動シアター」主宰。読売演劇大賞優秀演出家賞、湯浅芳子賞(脚本部門)、佐川吉男音楽賞受賞。KAAT 神奈川芸術劇場芸術監督。

遠藤康行 Yasuyuki Endo
元フランス国立マルセイユバレエ団ソリスト・振付家。現在フランス、日本を中心に活躍。1998 年村松賞受賞。JAPON dance projectメインメンバー。横浜バレエフェスティバル芸術監督。

小池ミモザ Mimoza Koike
モナコ公国モンテカルロ・バレエ団プリンシパル。Logoscope(芸術研究機関)ヴァイスプレジデント。JAPON dance projectメインメンバー。2015 年日本人ダンサー初のモナコ公国シュバリエ文化功労勲章受章。

チケット発売

10月20日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
11月03日 : 一般発売

会場

大ホール

料金

全席自由(整理番号付・特設席) 一般6,500円 学生(24歳以下・枚数限定)3,000円
※本公演では、舞台上の特設席を使用いたします。当日は番号順にご入場いただきます。詳しくはホームページ等で発表いたします。

助成

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

託児サービス

お一人につき2,000円
イベント託児マザーズ 0120-788-222(土日祝を除く 10:00~12:00/13:00~17:00 公演1週間前までに要予約)

お問い合わせ

神奈川県民ホール事業課  045-633-2028

主催

神奈川県民ホール

あなたにオススメの公演

  • チケットかながわ
  • 神奈川芸術プレス(KANAGAWA ARTS PRESS)
  • KAme