6人の気鋭作家による“場違い”な展覧会

「沈黙から 塩田千春展」(2007年)、「小金沢健人 あれとこれのあいだ」(2008年)など近年、気鋭の若手アーティストによる大規模なインスタレーションを紹介している神奈川県民ホールギャラリー。開館35周年を記念する本展は、国内外で活躍し、日本初出品を含む6名の作家による「日常 場違い」と題した展覧会です。「日常」という私たちにとって身近な素材をテーマやモチーフとしながら、違和感、異次元、大きな時間の流れを感じさせる作家たちが新作インスタレーションを制作、展示します。
6人の個展が県民ホールギャラリーの独特な構造と空間で“場違い”に出会い、約1300㎡の会場に“場違い”な日常世界が広がります。是非お楽しみください。



神奈川県民ホール開館35周年記念展
日常 場違い Everyday life Another space

[出品作家]
雨宮 庸介 Yosuke Amemiya
泉 太郎 Taro Izumi
木村 太陽 Taiyo Kimura
久保田 弘成 Hironari Kubota
佐藤 恵子 Keiko Sato
藤堂 良門 Ramon Todo

[会場]
神奈川県民ホールギャラリー 横浜市中区山下町3-1  http://www.kanakengallery.com
[会期]
2009 年12月16日(水)~2010年1月23日(土)
[開館時間]
10:00〜18:00 [12月19日(土)、1月16日(土)は19:00まで]
*入場は閉館の30分前まで
*12月30日(水)から1月4日(月)は閉館

[入場料]
一般700円 学生・65歳以上500円 高校生以下無料
*本展関連パフォーマンス「アート・コンプレックス2009」各公演チケットの提示により100円引き
*障害者手帳をお持ちの方その介護の方1名は無料
*かながわアーツ倶楽部会員・10名以上の団体は100円引き

[アクセス]
  • みなとみらい線(東急東横線直通)
    「日本大通り」3番出口より徒歩6分
    「元町・中華街」1番出口より徒歩12分
  • JR京浜東北・根岸線:
    「関内」「石川町」より徒歩15分
  • 横浜市営地下鉄:
    「関内」1番出口より徒歩15分
  • 横浜市営バス:
    [乗車]
    桜木町駅 バスターミナル2番のりば 乗車約10分
    横浜駅東口 バスターミナル2番のりば 乗車約10分
    *148系統・総急行線を除く
    [下車]
    「神奈川自治会館」 下車徒歩2分
地図
*地図をクリックすると拡大してご覧いただけます。

[主催] 神奈川県民ホール
[助成] 神奈川県民ホール 財団法人花王芸術・科学財団
[後援] オランダ王国大使館
[協賛] EPSON
[協力] EPSON
*日本オランダ年2008-2009認定事業 http://www.nihonoranda.jp

[お問い合わせ]
神奈川県民ホール TEL 045−662−5901(代) http://www.kanakengallery.com/