公演情報

オペラ

第22回神奈川国際芸術フェスティバル 神奈川県民ホール開館40周年記念 神奈川県民ホールオペラシリーズ2015

黛敏郎 作曲/三島由紀夫 原作/クラウス・H・ヘンネベルク 台本
オペラ 「金閣寺」

全3幕(ドイツ語上演・日本語字幕付) 上演時間 約2時間20分(休憩1回含む)

公演日時: 2015年12月05日(土)~2015年12月06日(日)    開演:15:00 (14:15開場)

三島由紀夫原作 日本オペラの金字塔

神奈川県民ホールは日本人作曲家によるオペラを継続して制作上演して参りました。開館40周年を迎えた本年(2015年)は、地元・神奈川県横浜市出身の黛敏郎にスポットをあて、代表作であるオペラ「金閣寺」を上演いたします。この作品はベルリン・ドイツ・オペラが当時の日本を代表する作曲家であった黛敏郎に委嘱し、同歌劇場で1976年に初演されました。日本では91年の全幕初演以降、97年、99年に上演され、今回は16年ぶりの待望の上演となります。指揮・下野竜也、演出・田尾下哲、出演者は小森輝彦、宮本益光を中心に、日本を代表する若い力が集結して創る新制作公演です。三島由紀夫の原作による美しい世界観、黛敏郎の作曲による圧倒的音楽は、我々に稀代のオペラ体験をもたらすことでしょう。

神奈川県民ホール館長ごあいさつこちら

オペラ金閣寺 特設Webサイトこちら

オペラ「金閣寺」出演者メッセージこちら

ぶらあぼ10月号 小森輝彦×宮本益光インタビューWebページこちら

ぴあクラシック秋号 24Pオペラ「金閣寺」Webページこちらから 


【関連企画開催】

音楽講座 黛敏郎と「金閣寺」 講師:片山杜秀(音楽評論家)11/7(土)14:00~15:30 神奈川県民ホール6F大会議室 一般800円 学生600円

文学講座 三島由紀夫と「金閣寺」 講師:松本徹(三島由紀夫文学館 館長)11/29(日)13:00~14:30 神奈川近代文学館 一般800円 学生600円

日本語による朗読劇「金閣寺」 11/29(日)16:00 大ホール 入場料500円 ※チケット購入者および小学生~高校生は入場無料 出演:山﨑将平(溝口役)ほか

●プレトーク●12/5 14:30~ 田尾下哲×幹子 S.マックアダムス ●12/6 14:30~ 田尾下哲×片山杜秀

 

出演

【指揮】下野 竜也 【演出】田尾下 哲
【装置】幹子 S.マックアダムス 【衣裳】半田 悦子 【照明】沢田 祐二 【音響】小野 隆浩

【出演】溝口:小森 輝彦(12/5)/宮本 益光(12/6) ※溝口役のみダブルキャスト
父 : 黒田 博  母 : 飯田 みち代  若い男 : 高田 正人  道詮和尚 : 三戸 大久  
鶴川 : 与那城 敬   女 : 吉原 圭子  柏木 : 鈴木 准  娼婦 : 谷口 睦美  有為子 : 嘉目 真木子

【合唱】東京オペラシンガーズ   【管弦楽】神奈川フィルハーモニー管弦楽団

【合唱指揮】安部 克彦 【副指揮】石崎 真弥奈、沖澤のどか、林 直之 【コレペティートル】石野 真穂、中原 達彦、矢田 信子 
【ドラマトゥルク・字幕】長屋 晃一 【演出補】田丸 一宏 【所作指導】市川 笑三郎 【原語指導】ミヒャエル・シュタイン    
【題字】武田双雲  【宣伝美術】FORM::PROCESS 【台本翻訳】庭山由佳 
【プロダクション・マネージャー】大平 久美  【舞台監督】八木 清市

※やむを得ない事情により出演者等が変更になる場合があります。

チケット発売

06月20日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
06月27日 : 一般発売

会場

大ホール

料金

S10,000円(Sペア19,000円) A8,000円 B6,000円 C4,000円 学生(24歳以下)2,000円<枚数限定>
*D席は完売しました。
*学生券はチケットかながわでのみ取り扱います。
*未就学児童の入場はご遠慮ください。

助成

公益財団法人朝日新聞文化財団 / 一般財団法人地域創造 / 公益財団法人三菱UFJ信託芸術文化財団
平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

託児サービス

チャイルドサービス遊 託児料2,000円
TEL.045-790-4105(月~土 9:00~18:00 公演1週間前までに要事前予約)

お問い合わせ

神奈川県民ホール事業課  045-633-3798

主催

神奈川県民ホール

あなたにオススメの公演

  • チケットかながわ
  • 神奈川芸術プレス(KANAGAWA ARTS PRESS)
  • KAme