公演情報

クラシック

一柳慧プロデュース

セッポ・キマネン チェロ・リサイタル

公演日時: 2016年10月29日(土)   開演:15:00 (14:30開場)

フィンランド音楽の至芸 - セッポ・キマネンを迎えて -

今回来日し、チェロ・リサイタルとシンポジウムに出演するセッポ・キマネンは、今フィンランドでもっとも活発な活動を行っている国際的音楽家の一人だと言えるだろう。かつてはシベリウス弦楽四重奏団の名チェリストであり、また、フィンランドに於いてクフモ室内楽音楽祭を他に先がけて立ち上げ、長年にわたって独自の企画に基づく運営で国際的に評価の高い音楽祭に育て上げた。それは昨今各地で行われるようになった多くのフェスティバルに大きな影響を与えている。現在はフィンランド最大の現代音楽祭であるAvanti!サマー・サウンド・フェスティバルやコルスホルム音楽祭などからも、何度もディレクターや演奏家として迎えられている。今回の来日をきっかけに音楽家として、またプロデューサーとして、キマネンの豊かな音楽性が、今日の音楽の在り方や、今後の指針への提起につながるものになることを期待したい。

一柳慧(作曲家・ピアニスト)

 

<シンポジウム(実演付き)>
~日本・フィンランドの音楽事情と展望~
登壇者:一柳慧、セッポ・キマネン、川島素晴(作曲家)、ペルットゥ・ポロネン(作曲家)
司会:柴辻純子(音楽学・音楽評論)
演奏:セッポ・キマネン ほか
日時:10月28日(金)19:00開演
会場:小ホール
料金:500円(当日払い・予約不要) ※10/29公演のチケットをお持ちの方は無料

出演

セッポ・キマネン(チェロ) Seppo Kimanen, cello
マルコ・ヒルポ(ピアノ) Marko Hilpo, piano

プログラム

シューマン:幻想小曲集 作品73  Robert Schumann : Fantasy Pieces for Cello and Piano Op.73
コッコネン:ソナタ  Joonas Kokkonen : Sonata for Cello and Piano
フォーレ:エレジー 作品24  Gabriel Faure : Elegy for Cello and Piano Op.24
リンドベルイ:ジュビリーズから3つの楽章  Magnus Lindberg : 3 movements from the Jubilees for Piano
一柳慧:独奏チェロのための「プレリュード」  Toshi Ichiyanagi : Prelude for cello
シベリウス:4つの小品 作品78 より Ⅱロマンス Ⅲレリジオーソ  Jean Sibelius : ⅡReligioso ⅢRomance from 4 Pieces for Cello and Piano Op.78
ブラームス:ソナタ第2番 ヘ長調 作品99  Johannes Brahms : Sonata for Cello and Piano in F major No.2 Op.99

プロフィール

セッポ・キマネン(チェロ)

シベリウス音楽院を卒業ののち、プラハ音楽院、パリ音楽院、デトモルト音楽大学に留学、ロンドンでも研鑽を積む。アンドレ・ナヴァラ、ウィリアム・プリースに師事。1974年から1977年までフィンランド放送交響楽団の首席奏者を務めたほか、館野ピアノ・トリオ、シベリウス・カルテットのメンバーとして活動し、1971年からトゥルク音楽院で、1975から1991年にはシベリウス音楽院でチェロ、室内楽の教師として後進の指導にあたった。ソリスト、室内楽奏者として日本、アメリカ、ロシア、韓国、中国、オーストラリアなどで積極的な演奏活動を行っている。1970年には妻であるヴァイオリニスト・新井淑子とともにクフモ室内楽音楽祭を創設、2005年まで芸術監督を務め、国際的にも知名度の高い音楽祭へと成長させた。演奏活動のほか教師、作家、コラムニスト、テレビ、ラジオへの出演と多方面に渡る活動を行い、フィンランディア、フーガ、オンディーヌなどのレーベルからCDをリリースしている。1988年フィンランド国家音楽賞、2000年フィンランド国家芸術家教授職を受賞。

マルコ・ヒルポ(ピアノ)

シベリウス音楽院卒業後、マドリードのソフィア王妃高等音楽院に留学し、クラウディオ・マルティネス、ドミトリー・バシキーロフに師事。リーサ・ポホヨラ、アンドラーシュ・シフ、エマニュエル・クラソフスキーのマスタークラスでも研鑽を積んだ。フィンランド放送交響楽団との共演、フィンランド国立放送のための録音のほか、ソリスト、室内楽奏者としてアメリカのカーネギーホールなど、欧米各国での演奏活動の他、作曲家からの依頼による現代作品の初演も数多く行っている。フィンランド国内においても夏の音楽祭への参加、歌劇場での指揮、著名な声楽家や器楽奏者の伴奏など多方面に渡る活動を行っている。

チケット発売

07月02日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
07月09日 : 一般発売

会場

小ホール

料金

全席指定 一般4,000円 学生(24歳以下) 2,000円
※やむを得ない事情により演奏曲、出演者等が変更になる場合がございます。
※未就学児の入場はご遠慮ください。

託児サービス

イベント託児マザーズ 託児料2,000円
TEL.0120-788-222(土日祝日を除く 10:00~12:00/13:00~17:00 公演1週間前までに要事前予約)

協力・後援

協力:日本・フィンランド新音楽協会
後援:フィンランド大使館、フィンランドセンター

お問い合わせ

神奈川県民ホール事業課  045-633-3798

主催

神奈川県民ホール

あなたにオススメの公演


  • Seppo Kimanen, cello

  • Marko Hilpo, piano
  • チケットかながわ
  • 神奈川芸術プレス(KANAGAWA ARTS PRESS)
  • KAme