公演情報

クラシック

舞台芸術講座キッズ編

加藤昌則先生とたのしむ
音楽たいけんワンダーランド
②楽譜をつくろう【小学校4~6年生対象】

公演日時: 2017年05月04日(木)   開演:13:00 (12:45開場)

小学生のみなさん!今年のGWは県民ホール小ホールで、横浜出身の作曲家・ピアニストの

加藤昌則先生と ことば、音、リズムなど、ちいさな断片を組み合わせて音楽をつくりませんか?

 5月3日は小学校低学年を対象 に、ちいさな音楽物語を、4日は高学年を対象におおきな楽譜を、

それぞれ違う方法で“作曲”を体験します。

「子どもたちに音楽ってすごく楽しい!!ということを体験してほしい」と語る

加藤先生と音楽をつくるたいけんをしてみましょう!

音楽を習っていない子にもぜひ参加してほしい内容です!

各回あと10名ずつ追加募集中です!お申込みお待ちしております。

加藤昌則先生のメッセージ動画


メールでお申込みください[email protected](FAX申込は終了しました)

※受付締切4月30日(日)それぞれ定員になり次第終了。

・メールタイトルに【音楽たいけんワンダーランド申込】と明記してください
・参加希望日(①3日=小学1年~3年生/②4日=小学4~6年生)
・参加児童のお名前(ふりがな)と学年(年齢)
・保護者のお名前
・保護者のメールアドレス
・保護者のお電話番号

以下を全てご了承いただいたうえでお申込みください。

※必ず保護者の方がご記入、お申込みください。送信メールは保管してください。

※受付後県民ホールからメール返信いたします。必ず受信できる設定をお願いいたします。

※お申込みの際にご記入いただいた個人情報は、本講座に関する目的以外には使用いたしません。

※講座の様子は個人が特定されない範囲で、県民ホール及び神奈川芸術文化財団の運営する広報物やSNS等に掲載いたします。また、当ホールが許可したうえで専門誌等に記事として掲載される可能性があります。

当日券情報

事前申し込み制②対象:小学校4~6年生(定員20名) 当日券なし

出演

加藤昌則 かとうまさのり

プログラム

②楽譜をつくろう
※みんなで作ります

プロフィール

加藤昌則 かとうまさのり
作曲家・ピアニスト。東京芸術大学作曲科首席卒業、同大学大学院修了。
05年「スロヴァキアン・ラプソディ〜サクソフォンとオーケストラのための〜」はスロヴァキア・フィル東京サントリーホール公演で初演、09年ブラティスラヴァで再演、世界的サックス奏者須川展也のCDにも収録(金聖響指揮、東京交響楽団)。06年オペラ「ヤマタノオロチ」、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の委嘱作品「刻の里標石(ときのマイルストーン)」、12年≪福島復興・復活オペラプロジェクト≫作品「白虎」(第11回佐川吉男音楽賞受賞)、13年管弦楽曲「Legends in the Sky」、14年連作歌曲「二本の木」、15年「地球をつつむ歌声」(2015年NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲)はじめ、作品はオペラ、管弦楽、声楽、合唱曲など幅広く、作品に新しい息吹を吹き込む創意あふれる編曲にも定評がある。NHK−FM等での作品の放送終了後、リスナーからの問い合わせが多数寄せられるなど、いわゆる「現代音楽」とは全く異なる視点で書かれた、美しく斬新な抒情性に満ちた作品は、多くの愛好者を持ち、次代を担う作曲家として注目を集めている。須川展也、村治佳織、宮本益光はじめ多くのソリストに楽曲提供をしており、共演ピアニストとしても評価が高い。独自の視点、切り口で企画する公演や講座などのプロデュース力にも注目を集めている。2016年4月よりNHKFM「鍵盤のつばさ」パーソナリティーを担当。
ホームページ http://www.masanori-music.com/
フェイスブックページ https://www.facebook.com/masanorikato02/

会場

小ホール

料金

①5月3日 おんがくものがたりをつくろう【小学校1~3年生対象】(あと10名追加募集中)
http://www.kanagawa-kenminhall.com/detail?id=34977
②5月4日 楽譜をつくろう【小学校4~6年生対象】(あと10名追加募集中)

参加料:500円
※追加受付期間2017年4月30日。それぞれ定員になり次第終了します。
※申込方法詳細は上記をご覧ください。
お問合せ 神奈川県民ホール事業課 TEL045-633-3686 (平日10:00~18:00)

お問い合わせ

神奈川県民ホール 事業課  045-633-3686

主催

神奈川県民ホール 事業課

あなたにオススメの公演

  • チケットかながわ
  • 神奈川芸術プレス(KANAGAWA ARTS PRESS)
  • KAme