公演情報

パイプオルガン

オルガン・プロムナード・コンサート vol.369
Organ Promenade Concert

公演日時: 2019年03月29日(金)   開演:12:20 (12:00開場)

年間テーマ「新たな船出」から浮かんだ3人の作曲家によるプログラムをお届けします!まず私がオルガンを始めるきっかけとなったF.クープラン。そして、留学先のパリで出会った恩師E.ルブランと、彼の師でもあったG.リテーズの作品を通して多彩なフランス音楽をお聴きいただきたいと思います。オルガンの響きとともに新年度を迎えましょう…!

原田 真侑

出演

原田真侑(オルガン)
Mayu Harada, Organ
※オーディションにより選出

プログラム

F.クープラン:「教区のためのミサ」グロリア より≪プラン・ジュ≫≪ディアログ≫≪ティエルス・アン・タイユ≫
F.クープラン:「修道院のためのミサ」より≪オフェルトワール≫
E.ルブラン:ル・パレ・ド・クリスタル
G.リテーズ:「24の典礼用前奏曲」より 第2曲≪よく知られたノエルのエスプリで(テーマとヴァリエーション)≫
G.リテーズ:「大オルガンのための12の作品」より 第5曲≪フィナル≫

プロフィール

原田真侑(オルガン) Mayu Harada, Organ
東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。在学中に安宅賞、卒業時にアカンサス音楽賞を受賞。日本オルガニスト協会主催第42回新人演奏会、日本オルガニスト協会東日本支部主催第2回フレッシュコンサートに出演。母のもとでピアノを始め、これまでにオルガンを大塚直哉、土橋薫、徳岡めぐみ、ソルフェージュと即興演奏を近藤岳、通奏低音とアンサンブルを椎名雄一郎、チェンバロを廣澤麻美、ピアノを江口玲の各氏に師事。同大学大学院在学中に渡仏し、サン=モール音楽院にてオルガンをE.ルブラン氏に、同時に古楽科にも在籍してクラヴサンと通奏低音をA.ドラージュ氏に師事。2018年夏にオルガン・クラヴサン両専攻を最優秀の成績で修了。また、室内楽をJ.-F.バレーヴル氏に師事。マルシャル=リテーズ国際オルガンコンクールで審査員特別賞受賞。帰国後は東京藝術大学大学院に復学し研鑽を積んでいる(3月修了予定)。(一社)日本オルガニスト協会会員。日本キリスト教団西片町教会オルガニスト。

会場

小ホール

料金

入場無料 全席自由
※未就学のお子様の入場可

お問い合わせ

神奈川県民ホール 事業課  045-633-3798

主催

神奈川県民ホール

あなたにオススメの公演

  • チケットかながわ
  • 神奈川芸術プレス(KANAGAWA ARTS PRESS)
  • KAme