公演情報

バレエ

松山バレエ団 新『 白鳥の湖』 全4幕

Tne Matsuyama Ballet, New Version Swan Lake

公演日時: 2020年03月20日(金)   開演:15:30 (14:45開場)

白鳥に姿を変えられた皇女と勇敢な皇太子。真実の愛が世界を救う!

名門・松山バレエ団総出演で贈る、超大作バレエ・ファンタジー!

 

名門・松山バレエ団が1994年に発表し、その後も進化し続ける壮大な新『白鳥の湖』が、25年ぶりに神奈川県民ホールに登場します!白鳥たちの幻想的な舞い、絢爛豪華な舞踏会、魔王ロットバルトとのスリリングな闘いなど、見どころが満載の新『白鳥の湖』。神聖ローマ帝国を舞台にした壮大な愛の物語が、チャイコフスキーの美しい音楽とドラマティックに絡み合い、観る者を夢の世界へと誘います。儚く繊細な白鳥オデットと妖艶な黒鳥オディールを演じ分ける、世界のプリマ・森下洋子の圧倒的な表現力も必見です。松山バレエ団総出演でお贈りする超大作に、どうぞご期待ください!

 

STORY

魔王ロットバルトの呪いで白鳥に姿を変えられた皇女オデットと、神聖ローマ帝国の皇太子ジークフリードは、湖畔で運命的な出会いを果たし、心を通わせる。ところが、翌日の戴冠式で新皇帝となったジークフリードの前に、ロットバルトがオデットに瓜二つの王女オディールを連れて現われ、惑わされたジークフリードは彼女に愛を誓い、皇妃として戴冠させてしまう。真実を知ったジークフリードは、オデットと真の愛を貫き通し、オデットと王国を救うために死を賭して魔王に挑む。


助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

出演

台本・振付・演出 清水哲太郎
Choreographer / Stage Director: Shimizu Tetsutaro

音楽 P. I. チャイコフスキー
Music: P. I. Tchaikovsky

出演 森下洋子(オデット&オディール) 松山バレエ団
Ballet: Morishita Yoko (Odette & Odile) / The Matsuyama Ballet

指揮 河合尚市
Conductor: Kawai Shoichi

管弦楽 東京ニューフィルハーモニック管弦楽団
Orchestra: Tokyo New Philharmonic Orchestra

プロフィール

台本・振付・演出 清水哲太郎 Shimizu Tetsutaro, Choreographer / Director
ザ・ジャパン・バレエ 松山バレエ団 松山バレエ学校 総代表、演出・振付家、舞踊家。1948年松山バレエ団創立者清水正夫、松山樹子の長男として誕生。日本において東勇作、松山樹子、モナコにてマリカ・ベゾブラゾヴァ、ニューヨークにてスタンリー・ウイリアムズの各氏に師事。1974年ヴァルナ国際コンクールに森下洋子と出場、世界に活躍の場を広げる。芸術選奨文部大臣賞など受賞多数。2005年には紫綬褒章を受章。現在、松山バレエ団のすべての作品の演出・振付・振付改訂及び主演を務めながら、「芸術は人々の幸せのためにある」という理念で、団長森下洋子と共に積極的な活動を続けている。 

オデット&オディール 森下洋子 Morishita Yoko, Odette and Odile
松山バレエ団 理事長・団長、プリマバレリーナ。1948年、広島市生まれ。3歳よりバレエをはじめ、12歳で単身上京、バレエに打ち込む。1971年、松山バレエ団入団、松山樹子に師事。1974年、ヴァルナ国際バレエコンクールにて金賞受賞。エリザベス女王戴冠25周年記念公演など海外でも幅広く活躍。英国ローレンスオリビエ賞など日本人として初となる数多くの賞を受賞。1997年、女性最年少の文化功労者として顕彰される。2001年、松山バレエ団の団長に就任。松山バレエ団プリマバレリーナとしてほとんどの公演に主演する一方、バレエ団の創造活動の要として活躍。日本芸術院会員。2012年、第24回高松宮殿下記念世界文化賞受賞。

松山バレエ団 The Matsuyama Ballet
1948(昭和23)年に清水正夫(前・理事長)と松山樹子(現・名誉芸術監督)によって創立されて以来、半世紀の歴史を持つ日本を代表するバレエ団、バレエ学校。創立当初より『創造こそ命』の掛け声のもと“古典バレエの継承”と“日本的バレエの創造”とを車の両輪として積極的な活動を展開。ヨーロッパ公演、アメリカ公演、そして17回にわたる訪中公演など数多くの海外公演も果たし、今日に至る。現在、松山バレエ団は新『白鳥の湖』『眠れる森の美女』『ロミオとジュリエット』『シンデレラ』ほかドラマティックな全幕バレエのレパートリーを豊富に揃え、年間40あまりの公演を行ってバレエ芸術の普及・振興に邁進している。また松山バレエ学校は全国に支部を持ち、所属する生徒・研究生2000名あまり、精力的なバレエ教育で常に注目を集めている。

チケット発売

10月12日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
10月19日 : 一般発売

会場

大ホール

料金

全席指定 S¥10,000 Sペア¥19,000 (S Pairs) A¥7,000 B¥5,000 C¥3,000 子ども・学生(3~24歳・枚数限定)¥2,000 (Child / Student: age 3 up to 24)
3歳から入場可(1人1枚チケットが必要です。) ※3歳未満のお子様はご入場いただけません。

助成

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

託児サービス

お一人につき2,000円
イベント託児マザーズ 0120-788-222(土日祝を除く 10:00~12:00/13:00~17:00 公演1週間前までに要予約)

お問い合わせ

神奈川県民ホール事業課  045-633-2028

主催

神奈川県民ホール(指定管理者:公益財団法人神奈川芸術文化財団)

あなたにオススメの公演

  • チケットかながわ
  • 神奈川芸術プレス(KANAGAWA ARTS PRESS)
  • KAme