• トップ/
  • 少しずつバリアフリー・UD化 その17 客席内のユニバーサルデザイン化

  UD 3

 

少しずつバリアフリー・UD化
その17 客席内のユニバーサルデザイン化

  • 2018年6月12日 報告
  • 神奈川県民ホール 大ホール
大ホールの舞台機構改修工事と並行して、客席内も少しだけUD化してみました。

その1、手掛け棒。
傾斜のきつい2・3階席に手掛け棒を設置しました。
キノコのように椅子の背中からニョキっと生えた棒が、階段の上り下りをサポートします。
試しに掴みながら上ってみると、これが実に楽チン。
老若男女問わないユニバーサルな一品です。

その2、床と壁の際。
休館前は客席カーペットと壁の色がほぼ同じでした。
統一感はありましたが、弱視の方や、
暗い中では見えにくい方が、壁にぶつかる危険性もありました。
そこで当事者の方々の意見を参考に、1階席のカーペットの色を壁より濃くし、
壁に接する際(きわ)に白いラインを引きました。
この白いラインが、床と壁の境目を強調します。

その3、列番号。
広い会場で自分の席を見つけ出すのは大変です。
現在位置を確認するために、人が座っている席の番号を覗き込むのも気がひけます。
そんなストレスを軽減できないかと、1階席のカーペットに列番号を記してみました。
全部の列ではなく切りのいい番号だけです。
自分の立っている場所の目安が、すぐにわかるようになりました。

今後もフェイスブックやホームページで、 “少しずつ”進むバリアフリー・UD化を報告していきます。

このページを印刷

  • 手掛け棒

    手掛け棒

  • 床と壁の際

    床と壁の際

  • 列番号

    列番号