お知らせ

CD「パッサカリア」発売のお知らせ(荻野由美子からメッセージ)

2020年04月07日(火)

 2020年度、県民ホールのオルガン事業年間テーマは「出会い」・・異文化との出会いから生まれた作品、演奏者にとっての運命的な出会いの1曲などを盛り込んだプログラムで皆さまをお迎えすることを楽しみにしていました。ところが!新型コロナウィルスという戦後最大の危機との出会いにより、8月までのオルガン事業はすべて中止となってしまいました。
 そんな中、4月7日にCD 「パッサカリア」が発売となりました。1975年1月の開館から45年間絶え間なくオルガン事業を開催してきたホールの歩みと、1つの主題が途切れることなく展開される「パッサカリア」を重ね合わせたアルバム。様々な演奏スタイルや音色の変化で県民ホールのオルガンの魅力をお伝えできるよう趣向を凝らしました。皆様のお耳にその音色をお届けできれば幸いです。そして今はひとり寂しくお留守番しているオルガン共々、皆さまにホールで再会できる日を心待ちにしております。

 

 荻野由美子(神奈川県民ホール オルガン・アドバイザー)

 


 

神奈川県民ホールでは、今年1月の開館45周年を記念して、小ホールに設置しているオルガンの演奏を収録したCDを制作いたしました。1975年の開館時に国内の公共ホールで初めて設置された県民ホールのオルガンは、目まぐるしく変化する時代の中、多くのオルガニストや聴衆の皆様と共に45年の歳月を歩んで参りました。当館オルガン・アドヴァイザーの荻野由美子の演奏で、ドイツ ヨハネス・クライス社製のオルガンの多彩な表情とその魅力をお楽しみください。

 

神奈川県民ホール 開館45周年「パッサカリア」

【演奏】

 荻野由美子(神奈川県身ホール オルガンアドバイザー)

【収録曲】

・J.S.バッハ:パッサカリア ハ短調  BWV582

・J.S.バッハ:コラール変奏曲〈汝、明るき日なるキリスト〉BWV766

・F.メンデルスゾーン:ソナタ第2番 ハ短調 作品65-2

・J.S.バッハ:フーガ ト短調 BWV578

・P.ヒンデミット:ソナタ第2番

・J.ブラームス:11のコラール前奏曲 作品122より

・J.G.ラインベルガー:ソナタ第8番 ホ短調 作品132より〈パッサカリア〉

 ※録音:2019年10月2日~4日 神奈川県民ホール 小ホール

 

アマゾン及びタワーレコードにてご購入いただけます。

アマゾン商品ページ  

タワーレコード商品ページ

 


 

お問合せ:神奈川県民ホール 事業課 045-633-3798

お知らせ一覧