すべての道は バッハに通ず

パイプオルガン・プロムナード・コンサート vol.329

巨匠ブクステフーデに魅了されて…

  • 日時 2013/9/27(金)12:20 開演(12:00 開場)
  • 会場 小ホール
  • お問い
    合わせ
    神奈川県民ホール 事業課 045-633-3686

― すべての道は バッハに通ず―

『もっとバッハを!』というリクエストにお応えして、今年度の県民ホール パイプオルガン・プロムナードコンサートは、J.S.バッハに焦点をあててお贈りしています。


巨匠ブクステフーデに魅了されて…

1705年、バッハは当時その名声が欧州中に響き渡っていた、巨匠ブクステフーデの演奏を聴くため、アルンシュタットからリューベックまで約400kmもの距離を歩いて訪れ、心酔のあまり休暇を無断で延長したという逸話が残っています。
若きバッハをそれ程までに魅了した音楽、そしてそこから彼は何を得たのか、二人の大作曲家の音楽を聴き比べてみませんか?

(大木麻理 )

大木麻理 (オルガニスト)D.ブクステフーデ:トッカータ ニ短調Bux WV.155 J.S.バッハ:トッカータ ホ長調 BWV.566 ほか 静岡市出身。2007年東京藝術大学音楽学部を卒業、第34回日本オルガニスト協会新人演奏会に出演。 2012年同大学院音楽研究科修士課程を修了、在学中に芸大モーニングコンサートのソリストに選出され尾高忠明指揮・芸大フィルハーモニーと協演。修了時、大学院アカンサス音楽賞受賞。 オルガンを菊池みち子、廣野嗣雄、椎名雄一郎、チェンバロを大塚直哉、鈴木雅明、アンサンブルを今井奈緒子、広沢麻美の各氏に師事。 DAAD(ドイツ学術交流会)の奨学金を得て2009年よりドイツ・リューベック国立音楽大学に留学し、アルヴィート・ガスト、ミヒャエル・ラドレスクの各氏に師事、 2011年満場一致の最優等で卒業。在学中にポセール財団より奨学金を得る。 2008年、第13回「静岡の名手たち」に選出される。2010年、マインツ国際オルガンコンクール第 2位。 2012年、第3回ディートリッヒ・ブクステフーデ国際オルガンコンクール優勝。 第65回「プラハの春」国際音楽コンクールオルガン部門第 3位、併せてチェコ音楽協会特別賞受賞。欧米各地の音楽祭へ招待され、ドイツを拠点に演奏活動が続いている。 現在ドイツ・デトモルト国立音楽大学に在学、マルティン・ザンダー氏に師事。 日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。

チケット

チケット料金
無料 全席自由 未就学児入場不可

チケット取扱い

チケットかながわ

※チケットかながわでの取り扱いはありません

主催 神奈川県民ホール(指定管理者:公益財団法人神奈川芸術文化財団)