第66回 舞台芸術講座
オルガンへの誘い
~笛の森が奏でる風の歌~

  • 日時 2007/9/22(土)14:00 開演
  • 会場 小ホール
  • 一般発売 2007/6/2(土)
  • お問い合わせ 神奈川県民ホール 事業課 045-633-3686
皆さんとご一緒にパイプオルガンのルーツを訪ね、構造やメカニズムの秘密を解き明かします。 あなたはオルガンの豊かな響きに包まれたことがありますか?でも、子供の頃小学校で弾いた、あのオルガンとどこが違うのでしょう?オルガンが始めて創られたのはいつ頃?パイプを鳴らす風はどうやっておこしているの?そしてパイプはどんな金属を使って、どうやって造っているのでしょう?オルガンにはパイプが何千本もあるって本当?こんな疑問をお持ちではないでしょうか? 最近は目にする機会は多くはなったけれど、まだまだ遠い存在のオルガン。ご一緒にそのルーツを訪ね、構造やメカニズムの秘密を探ってみませんか?前半のレクチャーではオルガンの体内にカメラが潜入し、より近くでオルガンをご覧いただきます。そして後半のミニコンサートは、ドイツのクライス社製オルガンが奏でる『風の歌』をたっぷりとお楽しみ下さい。この講座でオルガンを身近に感じ、さらにその魅力を訪ねたくなっていただければ幸いです。 オルガン・ワンダーランドへのナビゲーター役は、オルガニストの荻野由美子さん。 後半はミニコンサートでたっぷりお楽しみ下さい。 【講師・オルガン演奏】 荻野由美子(オルガニスト) プロフィール/神奈川県出身。 東京藝術大学、デュッセルドルフ音楽大学卒業。ドイツ各地で演奏会を行い、帰国後NHK-FMなどの放送出演や各ホールでのソロ公演、NHK交響楽団、東京交響楽団等オーケストラのオルガン担当や合唱団の伴奏など幅広く活動。02年7月オーケストラ・アンサンブル金沢と共演し好評を博す。 現在、カトリック碑文谷サレジオ教会オルガニスト、北とぴあオルガンアドバイザー、洗足学園音楽大学講師。 日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。 【演奏曲】 山内 忠『オルガンのための6つの詩(うた)』 J.S.バッハ パッサカリア ハ短調  BWV 582  他

チケット

チケット発売日

WEB先行販売 かながわメンバーズ(KAme): 2007/5/29(火)

かながわメンバーズ入会はこちら

一般:2007/6/2(土)

チケット料金
全席指定 一般2,000円 学生1,500円 ※小学生以上入場可