パイプオルガン・クリスマス・コンサート
~ドイツと北欧のクリスマス~

  • 日時 2007/12/22(土)14:00 開演
  • 会場 小ホール
  • KAme先行 2007/9/21(金)
  • 一般発売 2007/9/22(土)
  • お問い合わせ 神奈川県民ホール 事業課 045-633-3686
出演:平中弓弦(パイプオルガン)      幸田浩子(ソプラノ) 予定曲目 <オルガン・ソロ> 作者不詳:組曲"フォーブルドンとディアローグ" J.P.スウェーリンク :"我らに御子が生まれたもう" D.ブクステフーデ:コラール"暁の星のいと美しきかな" による変奏曲            :トッカータ ヘ長調            :聖なるベツレヘム ニールス W.ガーデ:暁の星のいと美しきかな ベルト・マター   :コラール"暁の星のいと美しきかな " による変奏曲 ヨハン セバスチャン バッハ:トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 W.A.モーツァルト(オルガン編曲平中弓弦):キラキラ星変奏曲 <ソプラノとオルガン> 北欧のクリスマス・キャロル(オルガン編曲平中弓弦)  一人のおさな子がベツレヘムに生まれ  いまいく千ものクリスマスの明かりをともして  素晴らしき私たちの世界 G.F.ヘンデル:ラルゴ(オン・ブラ・マイ・フ)          :オラトリオ"サムソン"より"輝かしいセラフィムよ"  W.A.モーツァルト:モテット"踊れ喜べ、幸いなる魂よ"K.165より"ハレルヤ" J.S.バッハ=グノー:アヴェ・マリア  クリスマス・メドレー(もろびとこぞりて/神の御子は/きよしこの夜) (曲順不同) ※一部チラシ等と曲目が変更になっております。予めご了承ください。         プロフィール ◆平中 弓弦(ひらなか ゆづる) 札幌市生まれ。玉川大学芸術学科オルガン専攻, オランダハーグ王立音楽院、アールンヘム市立芸術大学及び同大学院、デンマーク王立音楽大学及び同大学院、ドイツ国立フライブルク音楽大学同大学院コンタクトシュトゥディウム修了。オルガン、チェンバロのソリスト・ディプロマ、バロックオルガニストの称号、教会音楽家(カントール)及び国家教授資格を得た。第3回オーデンセ国際オルガンコンクール、第5回フランストゥールーズ国際ブクステフーデオルガンコンクールに入賞、第17回フィンランドラハティ国際オルガンコンクール栄誉ディプロ受賞。 1994年よりデンマーク国教会のオルガニストとなり、2007年8月外国人で初めての首都圏主要教会のカントールとして、審査員全員一致票を得てデンマーク国教会では最大級のパイプオルガンを有するコペンハーゲン St.Johnn(聖ヨハネ教会)音楽監督及び同主任オルガニストに就任。現在コペンハーゲン Royal Danish Academy of Music(デンマーク王立音楽大学)オルガン科講師、ロスキルデ デンマーク国立シェランド教会音楽学校オルガン科講師 並びに スウェーデン国立ルンド大学マルモー音楽院古楽科客員講師。 ヨーロッパ各地及びアメリカでの演奏会は、すでに400回をこえ、ラジオフランス、オランダNCRV, デンマーク国営放送、TVメキシコ、TBS等から放送されている。98年、天皇・皇后両陛下が国賓としてデンマーク御訪問の折, フレデリクスボー城のコンペニウスオルガンのデモンストレーション演奏を行った。99年イタリアの歴史的オルガンでのCD録音により、アスコリ・ピチェーノ音楽賞受賞。2000年に海外在住日本人として始めて国際交流基金派遣音楽家としてアメリカ最大の音楽祭の一つであるセルヴァンティーノ音楽祭でホラーチオ.フランコと共演、2003年デンマーク教会大臣コンペテンス賞、2004年, 2006年グラメックス.フォンドを受賞。国内では、各地のコンサートホール、教会でのリサイタルや東京交響楽団との共演、東京音楽祭ゲストとして出演等 定期的に演奏活動を行っている。昨年8月イタリア.ボルツァーノ音楽祭にて アシュケナージ、ブレンデルらと並んでのリサイタルでは 新 聞紙上で好評を得た。今年はブクステフーデ300年祭にちなみブクステフーデ全曲演奏会を行った。音楽研究にも積極的に取り組んでおり、世界的バロック音楽家トン・コープマンの指導下、現在研究を進めている。 ◆幸田 浩子(こうだ ひろこ) 類まれな美声と麗しい姿で聴衆を魅了するオペラ界のミューズ。 東京芸術大学を首席で卒業。同大学院、及びオペラ研修所修了。 文化庁派遣芸術家在外研修員としてボローニャで2年間研修。 第15回イリス・アダミ・コラデッティ国際コンクール2位をはじめ数々の国際コンクールで上位入賞。 イタリアでの研修後直ちにヨーロッパの歌劇場へ次々とデビュー。ベッリーニ大劇場『清教徒』エルヴィーラ、シュトゥットガルト国立劇場『皇帝ティトの慈悲』セルヴィーリア、ヴェルディ劇場『羊飼いの王様』エリーザ、ローマ・オペラ座『ホフマン物語』オランピア等に出演。 2000年ウィーン・フォルクスオーパーと契約。2年間の専属中には『後宮よりの逃走』ブロンデ、『ファルスタッフ』ナンネッタ、『ペンザンスの海賊』メイベル等でベルント・ヴァイクル、ギネス・ジョーンズ他と共演。 国内でも早くから注目を集め、02年二期会/新国共催公演『ナクソス島のアリアドネ』ツェルビネッタ、03年二期会『ばらの騎士』ゾフィーで観客の絶大なる支持を得、同年新国立劇場『ホフマン物語』オランピアでその人気を不動のものとした。 04年は「NHKニューイヤーオペラコンサート」出演の後、国内主要都市で行われた宮本亜門演出ミュージカル『キャンディード』クネコンデで新境地を切り拓いた他、ウィーン・フォルクス・オーパー『魔笛』夜の女王に出演。またNHK特集番組「世界遺産~青きドナウの旅」に出演、ヨーロッパ各地からのテレビ生出演で反響を呼んだ。 05年はリサイタルでの意欲的なプログラムで高い評価を得た他、イタリア各地のフェスティバルに出演するなど多彩な活動を展開。06年はNHK交響楽団定期に出演、得意のモーツァルトで清冽な演奏を聴かせ好評を博した他、NHK-FM「ベストオブクラシック」にてリサイタルの模様が放送された。またオペラでは、4月にハンブルク州立歌劇場と東京二期会の共同制作、ペーター・コンヴィチュニー演出『皇帝ティトの慈悲』セルヴィーリア、9月には新国立劇場『ドン・カルロ』に天の声で出演し、際立つ存在感を示した。 07年は年明け早々にフランツ・リスト室内管弦楽団と全国8箇所で公演し、各地で絶賛を博している。 その他TBSの情報番組「ブロードキャスター」にもゲストとしてたびたび出演する他、2007年4月からはモーストリークラシックにエッセイ「HIROPERA」を連載するなど多方面で活躍中。 2008年にはプラハで録音した待望の初CDが2月20日にリリースされる予定。 二期会会員

チケット

チケット発売日

KAme先行(かながわメンバーズWEB先行販売): 2007/9/21(金)

かながわメンバーズ入会はこちら

一般:2007/9/22(土)

チケット料金
全席指定 一般3,500円 学生3,000円

チケット取扱い

チケットかながわ
インターネットで予約・購入はこちら

電話で予約・購入

0570-015-415(受付時間:10:00~18:00)

主催 神奈川県民ホール