パイプオルガン・プロムナード・コンサート Vol.298
~フランスのエスプリ~

  • 日時 2010/8/5(木)12:20 開演(12:00 開場)
  • 会場 小ホール
  • お問い
    合わせ
    神奈川県民ホール 事業課 045-633-3686
【予定曲目】 J.S.バッハ(1685-1750)   協奏曲 ト長調 BWV592                   目覚めよと呼ぶ声が聞こえ BWV645 L.ボエルマン(1862-1897)  トッカータ (ゴシック組曲より) H.ピュイグ=ロジェ(1910-1992)  喜びの日のための祈り L.ヴィエルヌ(1870-1937)  ウェストミンスターの鐘(幻想曲集 第3組曲より) 【出演】 坂戸 真美(オルガン) プロフィール 坂戸真美 オルガニスト 武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。オルガンを故秋元道雄、志村拓生、故アンリエット・ピュイグ=ロジェに師事。1988-92年、ドイツ・ザールランド州立音楽大学、フランス・パリのイスィ・レ・ムリノ国立音楽院およびサン・モール・デ・フォセ国立音楽院に進み、研鑚を積む。イスィ・レ・ムリノ国立音楽院をオルガンのクラスで審査員満場一致の一等賞を得て卒業。オルガンおよび即興演奏をダニエル・ロート、オリヴィエ・ラトリーに師事。1996-97年、ミュンヘン市立音楽院でチェンバロ、通奏低音、室内楽をミヒャエル・エバースに師事。1991年、オランダのセザール・フランクオルガンコンクール第2位。NHK・FM、オランダ国営ラジオに出演。現在、ソロコンサート活動の他、アンサンブル、オーケストラや合唱団との共演でも活躍している。2003年、新宿文化センター大ホール、2007年、横浜みなとみらいホールに於いて「フランスオルガン音楽」をテーマとしたリサイタルを行い、好評を博す。2005年、パリ・ノートルダム大聖堂、2007年、パリ・聖エティエンヌ・デュ・モン教会、2010年、パリ・サン・シュルピス教会、サン・ジェルヴェ教会などフランスを中心にヨーロッパに於いても演奏活動を行う。カトリック碑文谷教会オルガニスト。2010年4月より青山学院大学オルガニスト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。 ※日頃ホールで音楽を鑑賞する機会の少ない、小さなお子さま連れの方にもお楽しみいただけますが、お子さま連れの方は、周りの方の迷惑とならないよう充分ご注意いただき、係員の案内に従いご鑑賞ください。ロビーにはモニター席もありますので、必要に応じてご利用ください。皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。 ※全席自由席・先着順入場です。整理券の配布はいたしません。ただし親子席などのエリア指定を設ける場合があります。 ※公演内容は都合により変更になることもあります。

チケット

チケット料金
入場無料・全席自由 年齢制限なし

チケット取扱い

チケットかながわ

※チケットかながわでの取り扱いはありません

主催 神奈川県民ホール(指定管理者:公益財団法人神奈川芸術文化財団)