パイプオルガン・プロムナード・コンサート Vol.299 【1回目】

  • 日時 2010/9/17(金)12:20 開演(12:00 開場)
  • 会場 小ホール
  • お問い
    合わせ
    神奈川県民ホール 事業課 045-633-3686
【予定曲目】 ヴィドール(1844-1937)作曲 交響曲第6番より アレグロ J.S.バッハ(1685-1750)作曲 18のコラールより「来れ、異教徒の救い主よ」BWV659 シュープラー・コラール集より「目覚めよ、と呼ぶ声が聞こえ」BWV645 C.フランク(1822-1890)作曲 コラール 第3番 イ短調 【出演】 山田 由希子(オルガン) プロフィール 東京芸術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。卒業時に日本オルガニスト協会主催第31回新人演奏会出演(東京芸術劇場)。同大学修士課程修了。オランダ政府給費留学生としてクラウス公フローニンゲン音楽院に留学し、翌年から文化庁派遣芸術家在外研修員として在学。同音楽院を満場一致の最優秀で卒業。卒業時にオランダ演奏家ディプロマを取得。現在までにピアノを小原孝、北川暁子、山口幸子の各氏に、オルガンを廣野嗣雄、今井奈緒子、ヴォルフガング・ツェラー、テオ・イェレマ、ヨス・ファン・デア・コーイ、エルヴィン・ヴィエルズィンガの各氏に、通奏低音を今井奈緒子氏に、チェンバロを故小島芳子、大塚直哉の両氏に師事。現在デン・ハーグ王立音楽院修士課程に在学中。 これまでAndrea Antico da Montona国際オルガンコンクール第三位、Comune di Muzzana del Turgano南フリウリ国際オルガンコンクール第三位、バチェーノ国際オルガンコンクール第一位入賞。イタリア、クロアチア、オランダのラジオ及びテレビに出演。 日本をはじめオランダ、ドイツ、フランス、ベルギー、クロアチア、イタリア各国にて演奏会を行う。またオランダ、フローニンゲンのマルティーニ教会にてオランダ首相(バルケネンデ氏)及び王室関係者の前での演奏を行う。 ソロの他、通奏低音奏者としての活動及びオーケストラとの共演や他楽器とのアンサンブルも精力的に行っている。 オランダ、フローニンゲン市リモンストランテ教会オルガニスト、日本オルガン研究会会員、日本オルガニスト協会会員。 ★小さなお子さま連れの方は、大きな声や音をたてないよう充分ご配慮いただき演奏中は係員の案内に従ってご鑑賞ください。 ロビーにはモニター席もご用意いたします。必要に応じてご利用ください。 皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

チケット

チケット料金
入場無料・全席自由 年齢制限なし

チケット取扱い

チケットかながわ

※チケットかながわでの取り扱いはありません

主催 神奈川県民ホール(指定管理者:公益財団法人神奈川芸術文化財団)