パイプオルガン・プロムナード・コンサートVol.307

  • 日時 2011/9/30(金)12:20 開演(12:00 開場)
  • 会場 小ホール
  • お問い合わせ 神奈川県民ホール 事業課 045-633-3686
今年度のテーマは“祈り”。晩年聖職に就き宗教的作品も多く遺し、今年が生誕200年にあたるF.リストのオルガン作品を紹介しています。 今回はそのリストによるJ.S.バッハのカンタータと、ロ短調ミサの通奏低音を動機とした約20分の変奏曲をじっくりお聴きいただきます。 ■プログラム C.フランク:カンタービレ F.リスト作曲 J.S.バッハのカンタータ《泣き、嘆き、憂い、おののき》とロ短調ミサ〈十字架につけられ〉の通奏低音による変奏曲 ■出演 花澤 絢子Ayako Hanazawa(オルガン) ■プロフィール 東京芸術大学器楽科オルガン専攻卒業、同大学院修士課程修了。オルガンを今井奈緒子氏、廣野嗣雄氏に師事。卒業時、同声会主催の新人演奏会に出演。日本オルガニスト協会会員。神奈川県出身。 ■ 就学前のお子さまの入場はご遠慮ください。 ■ 全席自由・入場無料・当日先着順入場です。整理券等の配布予定はありません。   ご来場者が定員を超えた場合はご入場いただけないこともございます。ご了承の上ご参加ください。 ■ この情報は2011年7月時点での予定です。やむを得ず内容等に変更が生じることもあります。

チケット

チケット料金
小学生以上対象 全席自由 入場無料
主催 神奈川県民ホール(指定管理者:公益財団法人神奈川芸術文化財団)