ニュース

主催事業情報 2022/5/17 【上映決定】P.グラス《アクナーテン》《サティアグラハ》METライブビューイング

©Karen Almond/Metropolitan Opera

メトロポリタン歌劇場で上演された世界最高峰のオペラをスクリーンで!
今年10月、神奈川県民ホールが取り組むミニマル音楽の巨匠フィリップ・グラスと舞台芸術の鬼才ロバート・ウィルソンによる「浜辺のアインシュタイン」新制作上演を控え、グラスのオペラ作品《アクナーテン》と《サティアグラハ》を上映いたします。他の誰にも真似できないグラスの作品世界をたっぷりとご堪能ください。

 

 

 

 

空前のオペラ体験!フィリップ・グラスの“ポートレート3部作”の凄さと素晴らしさ

前島秀国(サウンド&ヴィジュアル・ライター)
 

 インド独立運動の指導者マハトマ・ガンジーを主人公にしたオペラ《サティアグラハ》(サンスクリット語で「真理の把握」の意味)と、太陽神アテンを信仰した古代エジプトのファラオをタイトルロールに据えたオペラ《アクナーテン》は、科学者アインシュタインを詩的に表現したオペラ《浜辺のアインシュタイン》と共に、フィリップ・グラスの“ポートレート3部作”と呼ばれている。神々や歴史上の英雄、あるいは悲恋のカップルを題材にすることが多い伝統的なオペラの立場からすると、グラスがオペラの主人公や題材に選んだ人物は、少々風変わりに思えるかもしれない。

©Ken Howard/Metropolitan Opera

では、なぜグラスはこれら3人の人物を選び、そのポートレート(人物像)を描くオペラを作曲したのか? アインシュタインが相対性理論によって科学の歴史を変えガンジーが非暴力・不服従の平和主義によって政治の歴史を変えアクナーテンが史上初めて一神教を唱えたことで宗教の歴史を変えたからだ。人類の歴史に巨大な足跡を残したこれら3人の偉大な人物を、オペラで表現していけないはずがない。シカゴ大学で物理学を専攻し、ラヴィ・シャンカールにインド古典音楽を学び、チベット仏教を信仰するグラスならではのユニークな発想である。

 

 欧米ではワーグナー《ニーベルングの指環》と比較されることも多い“ポートレート3部作”だが、その壮大なスケールゆえ、3作すべてを上演した劇場はシュトゥットガルト歌劇場やニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)など、ごくわずかしかない。そこで、7月16日に上映される《アクナーテン》と《サティアグラハ》のMETライブビューイングと、10月の《浜辺のアインシュタイン》新制作上演を併せ、グラスの“ポートレート3部作”を“チクルス”として体験することが出来る画期的な企画が、日本で初めて実現することになった。


 《アクナーテン》の最大の見どころは、なんといってもタイトルロールを演じるカウンターテナー、アンソニー・ロス・コスタンゾの歴史的な名演&名歌唱だろう。古代エジプト人と同じように頭髪を剃り、皮膚にワックスを塗るという徹底した役作りでアクナーテン役に挑んだコスタンゾは、21世紀の我々でも共感できる素朴な太陽信仰――ある意味で現代のエコロジカルな考え方にも通じる――を美しく表現したアリア<アテン讃歌>(アクナーテン自身が起草した文書の英訳を歌詞に使用)を見事に歌い上げている。今年のグラミー賞最優秀オペラ録音賞受賞も納得だ。


 もうひとつの《サティアグラハ》では、ガンデジーが非暴力・不服従の思想を見出すきっかけとなったインドの古典「バガヴァッド・ギーター」の神話世界を表現するため、巨大なパペット人形を用いたスペクタクルな舞台が展開する。ガンジー役のリリックテノール、リチャード・クロフトが第3幕最後に歌い上げるガンジーのアリアは、グラスの全作品の中でもとりわけ美しいメロディを持つことで知られる名曲。100年前にガンジーが命を賭して訴えた平和への切実な思いが、永遠に反復が続くようなグラスの音楽に乗せて歌われる時、思わず涙してしまう観客も多いはずだ――特に今年2022年においては。


 これら2作品のMETライブビューイング上映と《浜辺のアインシュタイン》新制作上演による“ポートレート3部作”の“チクルス”が、35年前に《ニーベルングの指環》を全曲舞台日本初演した神奈川県民ホールで実現するのは、決して偶然ではない。《指環》に匹敵する空前のオペラ体験、フィリップ・グラスの“ポートレート3部作”の凄さと素晴らしさを、ぜひこの機会に体験していただきたい。

 

 

 

|開催概要

2022/7/16(土) 12:00 | 17:00 開演

METライブビューイング

フィリップ・グラス《アクナーテン》《サティアグラハ》上映会 詳細

 

2022/10/8(土)・10/9(日) 13:30 開演

神奈川県民ホール開館50周年記念オペラシリーズVol.1

フィリップ・グラス/ロバート・ウィルソン「浜辺のアインシュタイン」詳細

 

|お問合せ

神奈川県民ホール 事業課

Tel 045-633-3686 (平日10:00~18:00)